Twitterでバレる人間性。

今朝は気象予報士の片平さんと一緒に出勤しました(笑)。

時々一緒の電車になるんですが、いつもお子様をお連れになっていて、ほのぼのとした良い雰囲気なんですよね。

今日は目が合ったので、少し微笑んでみました。後藤です。

 

さて、SNSって難しいですよね。特にTwitter。

私の様に広報のお仕事をしていると、情報の発信の仕方ってやっぱり気になるんです。

大切な情報はホームページにしっかりと記載して、それを拡散する為、もしくはホームページへの導線を引くためのツールがSNSだと考えていて、その考えはどうやら間違っていないようです。

優位性としてはSNSよりもホームページの方が高いはず。(SNSしかしていない場合はこの限りではありませんが)

その優位性を間違うと、ちょっとやっかいなことになりますね。

Twitterで情報を発信しただけでホームページの更新が滞っている、、、そんな状況をちょくちょく見かけるのです。

Twitterはチェックするタイミングによっては流れてしまって見逃してしまうこともありますし、そもそも皆が使っているわけではありません。

情報を確実に得ようとした時、皆さんは何で確認しますか?ホームページですよね??

だからこそ、そこが情報の源流でないといけないと思うわけです。

 

そして、Twitterは匿名性が高い為、その内容の自由さといったら、、、(~_~;)

Twitterってその人の人間性を丸裸にする恐ろしいツールだなとつくづく感じます。

先日も友人とそんな話になりました。

「ここは自由にツイートして良い場所。見るのも自由。嫌だなと思ったら見なきゃいいし、フォローしなきゃいい。」

その意見もわかります。

とは言え、非公開にしていないということは少なからず誰かに見て欲しい気持ちがあるから。

だとしたら、やっぱり見る人への配慮は必要だと思うんです。

見たくなくても目に入ることは往々にしてありますから。

「見なきゃいい」って言う前に、だったら公開するなって話です(笑)。(これは私見です)

 

どんなことをツイートするのか?

どんなことをリツイートするのか?

 

それを見ていると、今まで見えていなかったその人の人となりが見えてきます。

特に「思慮深い人」なのか、「思慮の浅い人」なのか、、、

ガッカリすることもあれば、素敵だなと思う事もあったり。

友達だと思うから指摘することもあります。

自由だからこそ配慮が必要なんです。

自由って不自由なんです。

私も、少なくとも友人にはガッカリされないように、上手にSNSを使っていきたいと考えております。