~11/16 アシスタントセミナー7時間目レポート~

晴天の霹靂とはこのことで・・・。

11/16のアシスタントセミナーは、諸事情によりスタッフ1名で対応させていただきましたが、講師の先生や受講者の皆様のご協力もあり、大きな問題もなく無事に開催できましたことに、心から感謝いたします。

行き届かない点もあったかとはございますが、この場でお詫び申し上げます。

 

さて、アシスタントセミナーの7時間目は午前・午後ともに、受講者様とサポーター様合同のセミナーとなりました。

 

受講者様には以下の内容を盛り込んでいただき、自分史を作成していただきました。

 

①今までの自分歴史

②「これは成果につながった」と感じている事

③この半年の学び

④夢や目標

 

サポーターの皆さんには、この1ヶ月取り組んできたこと、サポーターとして何が出来たかなどを、チームに分かれてディスカッションしていただきました。

 

受講者の皆さんの「自分史」が出来たところで、5人程度のグループに分かれていただき、そこにサポーターの皆さんにも混ざっていただきました。

ここからは、受講者の皆さん一人ずつに、前に出て「自分史」を発表していただきました。

この時のルールとして、

・ノールックであること。

・3分の時間を守る

・伝えたい事を表現する。

・聞く姿勢(相槌、拍手など)

・話しやすい雰囲気作り

を守って発表していただきました。

もちろんサポーターさんにも話しやすい空気を作っていただくことを意識していただきました。

 

1116-1

 

 

グループ単位で発表が終わると、そのグループのサポーターさんにも一人ずつ感想をいただきました。

人前で話すことに対する得手・不得手はありますが、苦手な方も頑張って3分間しっかりと発表してくださっていました。

逆に、時間が足りないほどに話してくださる方もおられましたね。(笑)

今まで知らなかったことを知ることが出来たり、新しい発見があったりと、その人に興味を持つことで、より親近感や信頼感が増し、仲間意識が強くなる良い時間になったのではないでしょうか?

サポーターさんの感想を伺っていても、そんなムードが感じられました。

サポーターさんは、受講者さんの先輩として、よりしっかりと話さなければいけないので、かかるプレッシャーも大きかったんではないでしょうか?

 

1116-2

 

午前中の最後は、講師の完山さんより「ベストスピーチ賞」を選んでいただきました。

そして、「人が苦労している話などは、自分が苦しいときの励みになります。前で語ったことを忘れず、営業に活かしていって欲しい」と、力強いアドバイスをいただきました。

 

休憩を挟んで、午後からはMASHUの奈美さんの講義です。

5、6人のチームに分かれていただき、まずは午前中の振り返りからです。

 

「何故、今日、自分史のスピーチの時間を作ったのか?」ということについて、チームでディスカッションの後、チームごとに発表していただきました。

恒例の、誰が一番しっかりと話を聞いてくれていたか?のチェック(傾聴姿勢の確認)もありましたよ。

 

ここで奈美さんから、自分達のスタートダッシュが遅いこと意識して、スイッチを入れることを心がけるよう、指摘がありました。

何度も言われていることですが、ここで起こっていることはお店で起こっていることなので、習慣になるまで訓練していきましょう。

ここで学んだことの全てを営業につなげていただきたい。

「何故これをしているのか?」、目的を考えることで、考える癖をつけていきましょうとのことでした。

また、美容師は毎日のことでも、お客様にとっては3ヶ月に1度のこと。

「私は何故この人に当たったのか?」

それは必然のことであり、これを考えることで新鮮な気持ちになり、仕事が楽しくなるということでした。

 

さて、ここからが今回の本題です。

今回は、美容室にとって最大の繁忙期である12月を迎えるにあたって、「12月の目標設定」をテーマに講義が進められました。

 

まずは、名前を覚えているお客様を思い出していただき、前回より増えたのか、減ったのか、また、どんな努力をしてきたのか?など、チーム内で成果を発表していただきました。

努力していることは必ずお客様に伝わります。人の努力を感心するだけではなく、良いと思ったことはどんどん取り入れていってください。

 

次に午前中のスピーチを見て奈美さんが感じたことなどをお話くださいました。

人事の目から見て、人には傾向があるとのこと。

「過去に結果を出した人は、結果を出すことを知っている。成果を出してきた人は、成果の出し方を知っている。悔しい想いをしてきた人は、どこかで意識改革をしなければ、これからも悔しい想いをする。行動を変えていかなければいけない。」ということで、今回、自分を振り返って、良かった人はそのまま突き進んでいただき、ダメだった人はこれからを頑張って欲しいということでした。

当たり前の事を一生懸命行うことを積み重ねることが大切です。

そして、自己開示についてもお話がありました。

自己開示をすることで、人に興味を持っていただき、信頼関係が生まれ、さらにはチームワークが出来てきます。

お客様に対しても、自己開示していただける環境を作り、お客様にたくさんしゃべってもらえるようにしていきましょうとのことでした。

 

そして、前回の振り返りです。

まずは、前回練習した挨拶について、「お店でこんなことを試してみた」とか、それにより「お店でこんなことが起こった」など、共有した方が良いと思うことをチーム内でディスカッションのうえ、会社ごとに1名ずつ発表していただきました。

スタッフ間の挨拶でお客様をお迎えする空気が出来ます。自分がすることによって、周りも巻き込めるように、自ら空気を作っていくことが大切です。

 

今度は、いろんなサロンの方と混ざってチームを作っていただき、「12月までに自分がどうなっていないといけないか?」ということについて考えていきました。

まずは、12月がどれ位忙しいのか?どんな様子か?その為に12月までにどうなっていないといけないか?(何が出来るようになっていないといけないか?)を、先輩のリアルな話からイメージしていただけるように、サポーターさんにお手伝いいただいてディスカッションしていただきました。

サポーターさんには責任を持ってアドバイスをしていただきました。

 

1116-3

 

12月は忙しいけれど、チャレンジが出来る月であり、目標達成が出来る月でもあります。

そこで、12月までの毎日の行動目標を立て、以下の内容を盛り込んで、計画書を作成していただきました。

 

①私の夢、目標

②12/1までに身につける技術・接客

③12/31にどのような状態で終了するか(ポジティブに)

→これが達成したら、自分はどんな状態か?

周り(お店のスタッフ、お客様)から何と言われているか?

プライベートはどうなっているか?

 

そして、サポーターの皆さんに受講者の皆さんから、「先輩の話を聞いてどう感じたか」、「どうならないといけないか」などをヒアリングしていただき、感想をいただきました。

 

最後に、受講者様には自分の先輩に、楽しく、わくわく宣言をしていただきました。この時、サポーターさんには、受講者さんの写真を撮っていただきました。

この写真は、作成していただいている計画書に貼付してくださいね~♪

逆に、サポーターさんにも後輩に「私はこうなる!」ということを宣言していただき、写真を撮っていただきました。

 

ということで、宿題です。

 

今回作成していただいた計画書(時間内に出来なかった場合は、引き続作成をお願いします)を、FBに投稿してください。

その為に、投稿する担当の日を決めていただきました。

尚、投稿する際には、現状報告と皆さんへのメッセージもお願いします!

 

最後に、受講者さん、サポーターさんから本日の感想をいただいて、今回の講義は終了しました。

 

FBへの投稿は11/20から始まっています。

どんな計画書がアップされているのでしょうか??