IT・WEB・データ分析~なぜ必要なのか?どう活かすのか?~

今回はエクシードシステム田中様の投稿です(^^)/
************************************************************************************
美容室の皆様に「IT・Web・データ分析」と言うと、
「苦手!」「よくわからない!」という声が聞こえてきそうです。
私達もそれは非常に強く感じておりますがそうも言っていられない時代です!
世間の変化に柔軟に対応しなければ美容室も生き残っていけません!
生き残るだけなら何とかなるかもしれませんが成長は見込めません!
というわけで「成長したい美容室」の皆様、続きをぜひ読んでみてください。
まずは以下の資料をご覧ください。
②日本の人口予測図
分かりやすく言うと30年後に
「日本の人口は1億人以下になる。」
「日本は3人に1人が65歳以上の超高齢化&少子化となる。」
以前から言われている事ですが、美容室の売上にも大きく影響してきています!
さらに次の図をご覧ください。
①美容業界市場売上グラフ
1990年から2000年にかけて大幅に美容業界市場売上アップ!
この理由は皆さんご存知ですよね?
色々ありますが「カリスマ」「カラーブーム」などが大きな要因です。
その後、2000年から現在にかけて業界市場売上9500億円ダウン!
平たく言うと「1店舗の美容室で1年間平均500万くらい売上が下がっている。」
という現状なんです。そりゃそうですよね。
まだまだ美容室は増えているのに「若い人=美容トレンド層は減る。」という状況ですので。
様々なサロンでデータ分析する時にVIP客リストを見るのですが、
ほとんど上位VIP客は「40歳以上」の客層で構成されています。
なのに美容室では「少なくなっている“若い美容トレンド層”」を取り合っているんです。
そこに莫大な集客費用をかけているんです!
極端な言い方をすれば今の日本・これからの日本では、
「40歳以上だけがターゲットの美容室が今は一番儲かる!」ってことです。
でも皆様クリエイティブな美容と言うお仕事に憧れて働く皆様。
若いスタッフのやる気のためにはもちろん若いトレンド客層も重要です!
ということで若いお客様を集客する環境づくりも必要ですが、現状いかがですか?
検索サイト頼みではないですか?
Webへの露出も予約も全て頼り切っていないですか?
集客後のリピート率は30%以下ではないですか?
リピートして“顧客”になってもらうための仕組みはありますか?
お店のVIPは40歳以上の美におカネを使える女性なのに、
集めようとするお客様は20歳前後の安さを求める女性。
VIPを育てたり失客を防いだりの前にとにかく集客!
そんな逆転現象のままで、これからの美容室経営は大丈夫でしょうか?
というようなアレコレを解決できる術が「IT・Web・データ分析」なのです!
次からはそれぞれのテーマに沿った具体的なお話をお伝えできればと思いますので乞うご期待。