面談

プレジャーサポートの山本です!

 

今日はプレジャーサポートメンバーとの面談がございました!

 

 

皆様は、定期的に面談をされてますか?

 

面談する側、される側どちらもございますが、

社会人の方でしたら一度は面談を経験されているのではないでしょうか?

 

面談とお聞きしてワクワクしますか?

 

ワクワクするという方は、これまでの環境に恵まれているか

超ポジティブな方かどちらかですね!(笑)

 

大抵の方は、出来れば面談なんてしたくないですよね!?

 

 

 

 

 

 

 

では、面談の目的は何でしょうか?

 

  • コミュニケーションをとり、信頼関係を構築する
  • フィードバックを行い、軌道修正する
  • 目標設定に対する現状確認や現状理解
  • 会社や上司に対する提案や疑問を解消する
  • アウトプットし、考えをまとめる

 

などなど、目的はたくさんあります。

 

 

面談するうえでの注意点は、最初に自分の感情を入れない事です。

 

プレジャーサポートが皆様によくお伝えしている

 

事実⇒解釈⇒仮説⇒対策

です。

 

面談報告書を見ていると、事実ではなく、

感情が入っていることが多くあります。

 

まずは事実をしっかり把握し

その事実に対しての解釈、

良いのか悪いのか?〇か×か?

 

その解釈に対してなぜそうなったのか仮説を立て、

その仮説に対して対策を立てるという順番です。

 

 

事実を無視し、個人の感情のみのになると、面談を受けた方も

報告を受けた方も、仮説と対策がずれてしまう可能性があります。

 

 

とは言うものの私も感情が入りまくり、怒りがこみ上げ、

ただのお説教になってしまった事がたくさんあります。

(その節はごめんなさい!)

 

 

皆様も面談をする際は、まずはしっかりと

事実を把握することから始めてみてください!

 

 

 

本日はここまで!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

みんなの“やる気”と“喜び”のお手伝い

Pleasure Support(プレジャーサポート)