面倒くさい人。

昨夜、お風呂上りにお肌のお手入れをしながら、なぜか機動戦士ガンダムを実写化した時の配役を考えていたら眠れなくなりました。後藤です。

いろいろ想像を巡らせていると、やっぱりハモンが私の目指す所だなって思ったわけです。

ハモンってわかります??

彼女もジオン軍の人間なのですが、何もジオンの人間が「悪」ではないのです。

ジオン軍の中のザビ家の人間が支配欲の塊みたいな連中で受け入れがたいだけで、、、

で、ハモンとはグフに乗っていたランバ・ラルの恋人(妻になったのかな?)なんですけど、この女性が美しくて色気があるのに、賢くて度胸もあるんです。

マチルダとはまた違うカッコ良さを持った女性なのですが、愛する人の為には自分の命もいとわない女性なのです。

ちょっと興味出てきました?なんのこっちゃ?って感じですか?(;´▽`A“

興味をお持ちいただいた方は、是非「機動戦士ガンダム」をお読みくださいませ(笑)。

 

さて、思うんですよ。

仕事をしていて相談事や確認事があった時に声をかける相手です。

声をかけた時の対応って、人それぞれタイプがあると思うんです。

何でもすぐに自分の考えや答えを伝えてくれる人。

自分の考えや答えをすぐに伝えることなく、相手がまずどういう過程を踏んだか、どこで困っているのか、どう考えているのかを聞いたうえで、必要な答えやアドバイスをくれる人。

 

どちらに聞いても良い内容だとしたら、皆さんはどちらに声を掛けますか?

単純に考えると、声をかけやすいのは前者ですよね。

後者は自分の考えが纏まってないまま声をかけると、「顔洗って出直して来い!」みたいなことになりますもんね。

 

私が以前勤めていた会社の部署の上司や先輩は後者の方が多い部署でした。

最初は戸惑いましたが、そのうち「この人はこう言ったらこう返ってくるだろうから、ここも押さえておいて・・・」と自分自身て準備をして臨むようになりました。

そのうちそれが普通になっていったのです。

もちろん、今でもついつい考えもなしに声をかけてしまい、「すいません。ちゃんと考えを纏めてからもう一度声をかけさせていただきます」なんて失敗もありますけどね、、、

 

私は、自分で考える事も調べる事もせず、誰かから簡単に答えを教えてもらったことは自分の中に残らないという事、自分で考えて調べてそれでも分からない事が分かった時、それが確実に自分の知識として残ることを知っています。

私自身がそういう環境で鍛えていただいたという感謝の気持ちもあるので、私は後者で在りたいと思ってきましたし、今も思っています。

どっちが良い、悪いというのはないのかもしれませんが、後者は若い子にはほぼほぼ「面倒くさい人」と思われますよね(;^_^A

だから何?って感じですけども(笑)

上司や先輩なんてけむたがられてなんぼだと思っているので、「面倒くさい」と言われる方がむしろ心地よいと思っていました(笑)

だけど、ちゃんと考えて調べて…というのが見えた場合は、例えトンチンカンな話だったとしても、きちんと丁寧に対応いたします。

 

私はお客様には気軽に声をかけられ、自社の人間には「ちゃんと考えてから声をかけられる」面倒くさい存在になりたいと思っています。

その為には、まずは自分から・・・ですね!