腹が熱くなる想い。

私はいつも堺筋本町から地下鉄に乗り、本町で四つ橋線に乗り換えます。

昨日の事です。

いつものように電車に乗り込むと、珍しく座席が空いていたため、つい座ってしまったんです。

何分くらい経ったころでしょうか?

地下鉄なのに陽の光を感じて顔を上げると、車窓から見えたのはなんとなんと京セラドーム!!

「ああ、京セラドームね。。。きょっ!?えっ!?」(@_@)

私はどこへ運ばれているんだろう??

慌てて次の駅で降りると、そこは紛れもなく弁天町でした、、、

だいぶ疲れているようです。後藤です。

 

「腹が熱くなる想い」ってわかります?

 

この言葉を初めて聞いた時、具体的にどういう状態なのかわかりませんでした。

その後、「おお!これが”腹が熱くなる想い”ってやつか!?」と思う瞬間があり、「なるほど、上手い表現!」と思ったんです。

 

誰かの期待に応えられなくて悔しい時。

自分の思い通りに行かなくて、もどかしい時。

あの時、ああしていたら、、、と後悔した時。

などなど・・・。

 

そんな時、なんとなく腹が熱くなっていることを感じました。

決して良い時の状態ではないのですが、でも、この”腹が熱くなる想い”は嫌いじゃないです。

腹が熱くなるのは、そこに「負けてたまるか!」とか、「このままで終わってたまるか!」「今度こそ!」という諦めない心があるからなんだと思うのです。

諦めが悪いということは決しては悪い事ではありません!!

腹が熱くなっている間はまだまだやれる気がします!!

 

皆さんは”腹が熱くなる”こと、ありますか?