美容動向 『インバウンド』『アウトバウンド』

今回は『インバウンド』と『アウトバウンド』について書かして頂きます。

s_shimada

今美容業界で二極化と言う話がよくありますが各サロン様でこの二極化に備えてどれぐらいの準備 計画をされてるかで10年20年。。。後の
企業のあり方が変わってくるのではないかと思います。

例えで出しますと日本は2020年のオリンピックに向けて各企業が色々な戦略を打たれており準備されています

美容業界で言いますと ASEANに向けての「アウトバウンド」はかなり積極的な動きをされている企業様も沢山あると思います。
しかしなかなか資本力の問題や計画によって取り組めない企業もあるかと思いますが確実に飽和状態の日本の美容業界で先を見据えての行動は必須です。

しかしまだまだ国内でも『インバウンド』戦略を駆使していけば新たな顧客 外国のかたへ新規獲得や固定化に繋げる事により先透視の良い経営が出来る事もあると思います。
様々な企業と提携していったりする事でサロンとしての差別化をはかれるチャンスがあると思います。

いかに現状の自社の理念にそり 他のサロンがやってるから。。とかではなく地域に合わせた貢献に対して取り組める事ができ
地域と共存共栄しながら相乗効果とともにビューティの幅を広げていくかが今後の鍵になるのではないでしょうか。。。

今迄にない 自社サロンの顧客満足と 今は見えないお客様への「内的要素と外的要素」のバランスを考えていくビジョンがこれからの業界に必要とされるサロンになる事と思います。