最近の医療保険のあれこれ(先進医療について)

こんにちは!

FPの小山です。

保険会社時代の経験を活かし、コラムを書かせていただいております。

 

高度先進医療ってご存知でしょうか?

最近は医療技術が発達し、一昔前なら不治の病でも、今の技術なら完治できることも増えてきました。

 

例えば、がんもそれに当てはまります。

私は医療の専門家ではないので詳しいお話はできませんが、ステージが進んでいても完治できるケースも増えているそうです。

 

ただ、気をつけていただきたいことは、受ける治療によっては「健康保険」が適用されず、治療費が全額自己負担になり、高額になるケースがあります。

 

そんな時に役立てていただきたいのは

「先進医療特約」という特約です。

(特約とは「保険のオプション」のことです。)

 

先進医療特約とは、厚生労働省が「高度先進医療」と認めている治療を受けた場合、その特約の保険金額分が受け取れるという特約です。

 

保険金額は、会社によって異なりますが、500万円~2000万円のケースが殆どです。

この特約は主に医療保険やがん保険の特約となっていて、生命保険にはありません。

 

500万から2000万円も受け取れるって、、

その分の保険料は高いんじゃないの??

 

と思われるかも知れませんが、実は大抵月々100円前後程度です。

 

「安い!」と思いましたでしょうか??

 

この金額設定には理由があります。

 

思い出していただきたいことは、保険はリスクの度合いによって保険料が変わるということです。

 

リスクが低い(保険金を支払いする事由が発生しにくい)と保険料は安くなります。

 

 

つまり、高度先進医療を受ける確率は一般的に低いので、この金額になっているということです。

 

ただ、その低い確率に当たった場合、医療費を負担しきれないのであれば、お守りがわりに付けておいてもいいかもしれません。

 

ご自身の医療保険にもし、先進医療特約が付加されていないのであれば、一度ご担当者か、保険会社にお問い合わせしてみてください。