最初は誰もが新人さん。

寒くなる、寒くなるとは聞いていましたが、本当に寒いですね。

北の方ではかなりの雪が降っているようですよ。

今一度、体調管理に気を付けたいところです。

 

さて、そんな中ですが、今朝は電車に揺られながら、ふと自分の新入社員研修の事を思い出しておりました。

私は入社式前に外部の企業さんが実施している新人研修に4日間参加させていただきました。

そこでは色んな会社の新入社員の方々と一緒に研修を受けました。

電話対応、名刺の交換、お茶出しの仕方、お辞儀の仕方といった基本的の研修の外に、一般企業に飛び込みでインタビューを取ってきて、それをプレゼンするようなワークもありました。

企業に回った時には「仕事の邪魔をしに来たんか!?帰れ!!」と怒鳴りつけられたり、逆に社長自らがご協力くださり、丁寧にご対応いただいた企業様もありました。

丁寧にご対応いただいた企業様の事は今でもなんという会社だったか覚えていますよ。

 

入社してからは社内研修もありました。

総務の方による就労規定の説明や社会人としての心構えなどの座学。

各部の代表が自部署の紹介をしてくださる時間も設けてくださいました。

当時はあまり意識したことはなかったのですが、実はお金をかけて教育に力を入れてくれていた会社だったんだなと、改めて実感しております。

「親の有難みは離れてみてわかる」とよく言いますが、会社が自分の為にしてくれたことも、離れてみてからよくわかりますね。

 

今の時期は新人研修を行っている企業様や、それをお受けになっている新入社員様もたくさんいらっしゃるかと思います。

わからない事をわからないと聞いていいのは今の時期だけですからね。

わからない事が恥ずかしい事ではないのも今の時期だけです。

「あの時もっとちゃんと話を聞いておけばよかった…」とか、「あの時もっとちゃんと練習しておけばよかった…」なんて後悔しないように、真面目に取り組んでいただければと思います。

私は真面目に受けていたつもりですが、それでもやっぱり「もっとちゃんと…」と思う事は多々あります。

少し前のDiaryにも書きましたが、最初の教育で後々に差が出てきます!!それは仕事のみならず“人として”の部分においても。

 

ひとつ書き忘れましたが、外部の研修ではめちゃくちゃカッコ良い方とチームを組ませていただいたので、とても楽しい4日間を過ごしました( *´艸`)

学んだことは忘れても、その方のことは今も憶えている後藤です。