円高、円安について

こんにちは!

ファイナンシャルプランナーの小山です。

 

本日は前回に引き続き

「円高」と「円安」についてご紹介させていただきます。

 

円高とは・・・

ドルなどの他国通貨に対して円の価値が高くなることを言います。

例えば、1ドル=100円だったのが1ドル=90円になった時、円高ドル安になったと表現します。 1ドルを買うのに100円必要だったが、今は90円で買えるようになったと解釈すれば、ご理解いただきやすいと思います。

メリットは円の価値が上るので、海外の商品が安く購入できます。

また、円高の時にドルに両替しておいたり、海外旅行に行ったりすると、お得にお買い物などをしていただけます。

円安とは・・・

円高の反対で、他国通貨に対して円の価値が低くなることを言います。

例えば、1ドル=100円だったのが1ドル=120円になった時、円安ドル高になったと表現します。 1ドル購入するのに以前は100円だったが、今は120円でしか買えなくなったと解釈ください。

メリットは、円の価値が下がっているので、ドルを持っている場合、円に両替するとお得になる場合があります。

1ドル100円の際にドルを50ドル両替した・・・その時の費用は5,000円(50×100円)です。

その50ドルを、今度は1ドル120円の時に円に両替すると、その時得られる円は6,000円です。

(こちらの例では手数料を除いています)

 

つまり、例では単純計算で1,000円得していることになります。

これが円安、円高の仕組みを上手く利用した場合です。

また、これらの手順を逆に取ってしまうと、損をしてしまうということになります。

 

なので、海外通貨を利用する場合は、「買い時」を考えなければなりません。

本日はここまでです。

次回もお楽しみに!