出会いがくれるもの。

長崎に「千綿駅」というJRの駅があるのをご存知ですか?

大村湾沿いを走るローカル線「大村線」沿線上にある駅なのですが、“テツ”の方には大変に人気のある駅のようですね。

ホームのすぐ向こうに広がるのは大村湾。

そこに沈んでいく夕陽と、趣ある駅舎があり、とても風光明媚なロケーションです。

ディーゼル車特有の匂いがまたまた郷愁を誘ってきます。

この日は曇っていて、丸い夕陽には出会えませんでしたが、雲を染めるオレンジがどんどん深くなっていく様は圧倒的な美しさがありました。

「ザ・ローカル線」という感じで、テツでなくても長居したくなる駅です。

駅舎は「千綿食堂」というカフェになっていて、お茶をしたり軽食を食べる事も出来ます。

単線で1時間に1本しかない電車。

大阪で生活をしている私がこんなローカル駅に降り立つことなんて、それこそ“テツ”か“旅好き”でない限り無いわけですよ。

もちろん、電車にそんな思い入れも持っていませんし、趣味と言えるほど旅をすることもありません。

じゃあ、何で??という感じですが、そんなキッカケをくれるのが、やはり人との出会いなんですよね。

そして、そのキッカケをモノにするのは自分自身。

思い立った時がタイミング。タイミングは待つものではなく、自ら合わせに行くものと考えています。

 

私がこの「千綿駅」に降り立つキッカケがなんだったのか?

ひょっとすると、ここをいつも覗いてくださっている方の中には「はは~ん( ̄▽ ̄)」と勘づかれている方もおられるかもしれませんが…。

まあ、今回はそれについては触れません(笑)

 

今ニュースな関西空港から長崎空港へ飛び、空港からバスで大村駅へ向かいます。

大村駅からシーサイドライナーに乗って千綿駅まで。

今まで行ったこともない土地へたった一人で旅立つ私。。。

数年前までは梅田も一人で歩けなかった私が、今ではこんな長距離移動が出来るようになりました。

それも何の躊躇もなく。

ものすごい成長だと思いませんか??これも人との出会いがあってこそです。

 

そこに行かなければ会えない人がいて、そこに行かなければ分からない景色、匂い、感じられない感情があります。

人はそうやって自分の心を豊かにしてゆくのだと思います。

今度は時間を忘れてその景色の中に溶け込みたいと思っている自分がいます。

 

人との出会いが行動範囲を広げてくれ、心を豊かにしてくれる。

自分自身を成長させるには無くてはならないものなんですよね。。。

だからこそ、人との出会いや縁というものは大切にしていかないといけないなと、実感いたしました。