保険料が払えなくなったら・・・パート5!

こんにちは!

ファイナンシャルプランナー小山です。

 

「保険料が払えなくなったら」シリーズも5回目を向かえます。

保険料が払えないからこそ、出来る事はあります。

 

今回の対策は、、

「解約」です。

 

えっ、解約するの!?

保障どうするの!?

と言われるかと思います。

 

そうです。解約すると保障は一切無くなってしまいます。

ですので、解約は最終手段にしておいてください。

 

解約後、していただきたいことをお伝えします。

支払いが可能な保険に入り直してください。

改めてご自分にとって、必要な保障額を算出していただき、その分を補填する保険に入り直してください。

 

営業さんが「十数年後、得するから」とあまり内容を理解せずに高額な保険に入り続けていませんか?

 

終身保険、積立型の保険にこだわる必要はありません。資産運用の形は様々です。

 

医療保険ばかりに入っていませんか?

死亡保障、障害保障とのバランスはとても大切です。

 

これらは、自分自身のライフプランを見つめなおしていただく機会にもなります。

 

ただし、、、

既に体調を壊し、手術を受けた

事故にあって、入院した

など、健康状態を損ねてしまった場合、保険加入のハードルはかなり上がってしまいます。

 

一方で、そんな場合こそ、保険は必要になります。

そんな時は以前にご紹介した払済(はらいずみ)か延長定期への変更をご検討ください。

 

詳しくお知りになりたい場合は、お気軽にお声掛けください。