保険の営業マンって・・・

こんにちは!

FPの小山です。

 

営業マン(外交員)から保険にご加入なさった方にあるあるなお話なのですが

 

「入るときは熱心だが、加入したらパタリと来なくなった、、、。」

 

というお声をよく耳にします。

 

私も自分が募集した契約以外のアフターフォローに回っている際によく伺いました。

 

 

生々しいお話をしますと、外交員は新規のご契約に対して、その度にポイントが発生し、そのポイントによって収入が大きく変化します。

 

 

逆にいわゆるアフターフォローに回っているだけでは、外交員の収入は増えません。

 

 

だから外交員は新規のご契約を獲得するのに必死で、アフターフォローは後回しにしてしまう方が多いです。

 

私も恥ずかしながら特に数字が大変なときは、アフターフォローは後回しになっていました。(緊急の場合は別ですが)

 

 

しかし、お客様目線に立ったときに大切なことはアフターフォローです。

 

 

しかも長期的な目線で見たときには、アフターフォローによってお客様がお知り合いをご紹介していただくことも多々あります。

 

 

何も頻繁に訪問で回ることをお勧めしているわけではありません。

 

大切なことは「関わり方」かと思います。

 

お客様はどのようなことでお困りなのか?そして、どのような形でお役に立てるのかはお客様によって異なります。

それはもしかしたら保険以外かもしれません。

 

皆さんのご担当が、皆さんのニーズを汲み取ってくれる、かゆいところに手が届くご担当だと、安心ですね。