サンタ、来た!?

サンタ来ず、サンタ来ず、とサンタが来なかったことをアピールしていたら、本日事務所にサンタが現れてプレゼントを置いて行ってくれました~♪

あはははは~~ぁぁぁ(*’▽’)( ;∀;)(T△T)

 

さんふら~わぁ~♪ さんふら~わぁ~♪

 

が延々と流れるらしいです。

ええ、音楽が好き(´;ω;`)、後藤です。

今日から事務所のBGMはこの「さんふらわあ」です!ありがとうございます(汗)

 

高橋大輔選手が全日本選手権で準優勝しましたね。

決まった瞬間「嘘でしょ?」と笑っておられましたが、その笑いを皆さんはどう受け止められましたか?

まさかの準優勝で、つい笑ってしまった?

それとも、若手に「おいおい、お前ら何やってんねん!?」という笑いなのか、、、

どちらの想いもあるとは思いますが、私は後者の想いが強いのでは?と思っています。

 

さて、世界選手権への出場を辞退した理由として、「世界で戦う為の覚悟が持てなかった」とおっしゃられていましたよね。

正直な気持ちだと思うのですが、ちょっともやっとしたものを感じます。

というのも、何かのインタビューで復帰した理由に、引退で逃げた部分もあり、未練があるからというようなことをおっしゃっていたからです。

まあ、確かに目標は全日本選手権出場だったかもしれませんが、そこで辞退したらまた自分の中に未練が残らないのかなぁ?と、老婆心ながら思ったわけです。

本人が決める事ですので、他人がとやかく言える事ではないのですが、全日本選手権で2位という素晴らしい成績を残されただけに、期待だってしちゃうじゃないですか!

今回の辞退がご本人の中で後々「逃げた」と思うことがなければいいんですけど。。。

なんて、逃げてばかりの私が言うな!ってね、、、( ̄▽ ̄;)

 

でも、何をもって「逃げ」と言うんでしょうね?

最近はこういうことについて考える瞬間も増えてきました。

「逃げる」ことが「守る」ことになる。

そんなことも多くなってきた世の中です。

 

それぞれがそれぞれの人生の中で悔いのない生き方が出来れば、それでいいんですけどね。

ただ、やっぱり、純粋に世界選手権で活躍する高橋選手をもう一度見たいという想いはあります。