サロン採用の内定者管理

NEW TOMORROW山本です!

 

本日は「サロン採用の選考管理」についてお届けします!

 

採用プロセスを分類

説明会など母集団を形成するための 「求人管理」

応募者の名簿やスキルの把握などの 「情報管理」

面接やスケジュール、進捗などの  「選考管理」

内定者フォローなどの       「内定者管理」

 

の「内定者管理」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

「内定者管理」のポイントは入社後に活躍できると感じれるかです。

選考管理でのポイントとして「応募辞退」と「ミスマッチ」とお伝えしましたが、

入社後に「活躍できる」と感じれるかが重要です。

それが「内定辞退」に繋がります。

 

 

では、「活躍できる」と感じるためにはどうすればよいのでしょうか?

流れとして情報提供⇒情報共有⇒帰属意識です。

 

内定者は、皆同様の不安を抱えています。

どんな仕事をするのか?

与えられた業務を実行できるのか?

どんな上司なのか?

どんな社風なのか?

同期はどんな人がいるのか?

など、不安は尽きません

 

まずは、事実を伝える事が必要です。

その為に、「内定式」「入社式」「懇親会」を行います。

ご両親にも参加いただき説明会や懇親会を行う会社様もあります。

 

内定者に情報提供することは当然ですが、

ご両親にも伝えるのは、両親の意向が年々重要度を増しているからです。

両親の一言でプラスにもマイナスにも影響を及ぼすため

親の理解度を高めるような情報提供が必要になります。

 

その後に、内定者同士の交流を深め、

入社前に仲間意識が芽生えるように

情報共有する必要があります。

 

必要な情報は会社から伝え、その情報を内定者同士で共有することで

同じような悩みや不安を抱える事を知り、絆を深める機会にもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのような機会を作り、不安を取り除くことで、

徐々に帰属意識が生まれ

入社後に「活躍できる」

と思えるように導く必要があります。

 

そうすることで「内定辞退」を防ぐことになります。

 

「内定者管理」については以上です!

 

 

本日はここまで!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

次回からは「サロンの教育」についてお届けします!

 

美容室・ヘアサロンの経営 相談やセミナーはNEW TOMORROW(ニュートゥモロー)