サロンの目指す未来とは?

ファッションとしてのヘアデザインから、ライフスタイルとしてのビューティへ。

 

 

利用人口が減りつづけ、新規顧客の獲得が困難となってきた今、サロンには次の時代へのパラダイムシフトが不可欠となっています。

 

顧客ファン化による失脚防止という視点だけではもはや限界で、これからは売上単価の高いロイヤルカスタマー化へと、さらに一歩進んだ取り組みが必要となります。

 

そのためのキーワードが『ライフスタイル。ビューティ』と言う価値観です。

 

これまでお客様は、美容室に来て『その日キレイになる』という満足にお金を払って頂きましたが、今後は『くる度にキレイになっていく』という

継続的な満足へのシフトが必須。

 

そこには、ヘアデザインにとどまらず、ネイルやアイ、さらにはインナービューティに至るまで、美容全般に関する『トータルな提案』が求められます。

大人女性が美しく健康的な暮らしを楽しむためのトータルビューティを提案していくために、キーパーソンとなるのがBC(ビューティーコーディネーター)という存在なのです。

 

mascara