サロンの教育

山本です!

 

 

本日は「サロンの教育」についてお届けします!

 

これまでのブログでサロンの人事(労務)管理を

 

・採用

・教育

・評価

人員配置

・福利厚生

・勤怠管理

・就業規則

と分類させて頂き、

前回まではサロンの採用管理についてご説明させて頂きました。

 

今回は「教育」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

「教育」に関しては、管理方法ではなく、

個人的な意見ですが、根本的な考え方についてお伝えします。

 

これまで内部管理を説明するうえで何度もお伝えしておりますが、

理念、ビジョンや戦略、戦術に従って自社の管理体制を構築

しなければなりません。

 

教育は

理念、ビジョンや戦略、戦術に従って教育体制を構築

しなければなりません。

 

他社でうまくいった教育カリキュラムをそのまま自社に落とし込んで成果が出ますか?

短期的には成果が出ることもあるでしょう。

 

でも、

理念、ビジョンや戦略、戦術に従って教育

を行わなければすぐに元通りです。

 

教育はやり方も大切です。

 

教育に関する講習や本など世界にあふれています。

国、地域、時代、年齢、職業などで教育のやり方は異なります。

 

でもやり方でだけではなく、あり方はもっと大切です。

 

あり方は理念、ビジョンです。どうあるべきか。

自社の理念、ビジョンは世界で一つだけです。

 

理念、ビジョンや戦略、戦術に従って教育体制を構築する

 

「サロンの教育」については以上です!

 

 

本日はここまで!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

 

次回は「サロンの評価」についてお届けします!

 

美容室・ヘアサロンの経営 相談やセミナーはNEW TOMORROW(ニュートゥモロー)