ほなこれ出店編セミナー(2時間目)レポート③

昨日の続きです(^^)/

そして次に、「ロイヤルカスタマーづくり」についてお話しいただきました。
まず、覚えておいていただきたいのが、「顧客シェアを上げる=増客になる」
この図式です。
そしてここで、大事なことは、VIP客とロイヤルカスタマーの違いを把握することです。
とあるサロンの管理表を例に、VIP客に売れたい商品が売れてないパターンがあることを再確認していただきました。
VIP客のお客様に、自社の提供したいサービス、貢献したサービスをどれだけ活用していただいているか。これらを再確認することが、顧客シェアをあげることへの近道となりそうです。

そして次に、「自社の新しい価値開発」についてお話しいただきました。
新しいサービス(価値)を考えることはサロンのブランディングにつながります。
価値の高さ=「お困りごと」の深さとも言えます。
価値の高さは困りごとの深さに比例します。それが深刻であれば、あるほど解決できる商品やサービスの価値は高くなります。
良いサービスやメニューを開発するうえで、お客様の「困りごと」に詳しくなければなりません。
サロンで働いている皆さまは、毎日お客様からお困りごとを聞いていると思います。
それらをどれだけ次に繋げていけるか。ここが重要になります。

ここで皆さまに「困りごとマラソン」というシートをお配りし、考えて頂きました。
お客様の困りごとは何か?徹底的に考えてみましょう。
・毎日のカウンセリングで耳にすること
・お客様の知人の困っていること
・ヘアのことはもちろん、それ以外のビューティに対する悩み

できるだけ多くの「困りごと」を列挙してみてください。
今回は時間の関係上、実際に書いて頂くことはできませんでしたが、皆さま自サロンに戻り、一度考えてみてください。
改めて考え、一度書き出すことで、気付きがふえ、新しい価値を見つめ直すことができるのではないでしょうか。

最後に、ヘアで得た信頼を土台に新しい事にチャレンジしていくことが大事だと後藤さんはおっしゃいました。
また、美容の未来は明るい。美容の価値がお客様にちゃんと届けられるようになれば、認められる存在になるのではというお言葉で、今回の講座は終了しました。

image2