ほなこれ出店編セミナー(1時間目)レポート

 

2月23日。ついにほなこれセミナーが開催されました!

午前中はショップミーティングの効率をあげたいサロン様向けにほなこれナビセミナーを、

そして午後からは、経営者や幹部がサロン運営の基礎を学ぶことを目的にしたほなこれ出店編セミナーの開催です。

 

ほなこれ出店編は毎回様々な分野に特化した講師の方々にお越しいただき講義をしていただきます。

初回、講師は弊社の町です。

まず、町から、「NEW TOMORROW」、「ほなこれセミナー」に対する説明と、出店編セミナーの一年間の大まかなスケジュールをお伝えすることから始まりました。

出店編セミナーでは、座学を中心に、一つのストーリーに沿って、専門性の高い講師の方々をお招きし、多様な知識を身につけていただくことを理想としています。

 

さて、初回である今回のテーマは「繁盛するためのビジネスモデル」についてです。

まず、“企業繁盛の法則”6つを紹介いたしました。

一、企業を繁盛させるには、夢や理想を描くこと

二、夢や理想に魅力を感じていただくには、お役にたつこと

三、お役にたちたければ、強くなること

四、強くなるには仕組みを創ること

五、仕組みを創るには、現場運営を物語で考えること

六、物語を基に現場運営を俯瞰すること

 

本セミナーでは、これらのテーマに沿って一つ一つ詳しく解説していきました。

 

まず 一、企業を繁盛させるには、夢や理想を描くこと

こちらでは、受講者の方々にそれぞれ自社の経営理念、ビジョンを再確認していただきました。

日頃から経営理念をスタッフの皆さまに伝えること、その経営理念を持ち、どこに進むことを理想にしているのか(ビジョン)を明確にすることが大切です。

 

 

次に 二、夢や理想に魅力を感じていただくには、お役にたつこと

どのようにお役にたつのか、、、それを決めるのが事業領域です。

事業領域を定めることで組織としてどの分野に対して戦略的に資本(時間・お金・人財)投下するのかが明確になります。

また、事業領域は広ければ良いというものでもなく、広すぎると何屋さんなのか分からなくなり、狭すぎると提供できる商品やサービスが少なくなってしまいます。

ポイントは「適度な広さ」です。

これらのことをふまえて、受講者の皆さまには自社の事業領域を、「市場軸(誰に)、技術軸(何を)、機能軸(どのように)」を基に設定して頂きました。

 

 

三、お役にたちたければ、強くなること

こちらは強い組織とは何か?を財務データに基づき簡単に解説していきました。

 

 

四、強くなるには仕組みを創ること

こちらでは、サロン運営を日本の三大英傑とその最期に見立て、信長ステージ、秀吉ステージ、家康ステージ、と3つのステージに分け考えていきました。

信長ステージは、人数規模~20名、テーマが「生産性+仕組化」

秀吉ステージは、人数規模~100名、テーマが「仕組化+管理者育成」

家康ステージは、人数規模100名~、テーマが「管理者育成+後継者育成」

本セミナーで仕組化とは、「個々の能力を最大に引き出しながらも、誰がしても同じだけの成果を期待できる状態を創る事」と定義づけています。

 

 

五、仕組みを創るには、現場運営を物語で考えること

日本人にとってのビジネスモデルの基本は、「三方よし」の考え方ではないでしょうか?

これをビジネスの切り口で整理すると、

理念・ビジョンを描き→誰のお役にたちたいのかを決め→お役にたてる方法を考え→社員がイキイキと働ける環境を創り→お客様に喜んでいただけるように品質を高め→お客様に喜んで頂く

となります。

 

 

六、物語を基に現場運営を俯瞰すること

本セミナーでは、サロン経営・運営全体像の表を見ながら、一つ一つひも解いていきました。

今年何をすべきなのか?を考える前に「本来すべきことの全体像」を俯瞰し、その中で、特に今年はどこに力を入れるべきなのか?を戦略立てて考えることが大事です。

また、人材育成についても俯瞰することが大事となってきます。

価値観(なぜ働いているのか、なぜ美容師なのかを考えてもらい)、ビジョン(将来どうなりたいかを共有し)、習慣(その為にどうすればいいのか、どう考えればいいのかの習慣)、能力(習慣を身につけることによって能力が身に付く)の順に俯瞰して見ることが大切です。

 

最後に、本セミナーの今後の予定をお伝えし、セミナーは終了しました。

 

次回までの宿題としまして、「自社の事業領域“当社は美容室を営む________業です”」の__業の部分を埋めてきてくださいね。

また、オーナー様は、レジュメにありました、財務の数字を埋めてきてくださいませ。

よろしくお願い致します。

 

それでは次回セミナーでお会いできますことを楽しみにお待ちしております!!

image1