ほなこれアシスタントセミナー(1時間目午後)レポート

 

2015年4月13日(月)

桜の季節もあっという間に過ぎ、緑が萌え始めてきたように感じます。我々のアシスタントセミナーにも、近い将来大輪の花を咲かしてくれるであろうたくさんの蕾の皆様が、集まってくださいました。

また昨年度は受講者して参加されていた皆さんも、今度はサポーターとして戻ってきてくださったこと、とてもうれしく、また頼もしく感じております。

 

さて、いよいよ始まったほなこれアシスタントセミナーですが、午前中は町による「社会人としての心構え」を中心に、“時間の大切さ”を学んでいただき、午後からは㈱navelの庄野善勝さんに「美容師として楽しくやって行く為に必要なこととは?」ということをメインにご講義をいただきました。

 

まずは庄野さんご自身の自己紹介のあと、皆さんに午前中の講義の感想をお伺いしました。「リーダーシップとは?」「時間は命」といったことが印象に残っているようでした。

しかし、聞いてるだけでは知識にまで入ってはきません。セミナーで聞いた話をアウトプットすることが大切なのです。そこで、このセミナーでの約束事をひとつ。

 

約束1 発表する時間を作るので、どんどん発言すること!!

 

みなさん、どんどん手をあげて発言していってくださいね。

 

そして、今度は受講者のみなさん全員に前に出て自己紹介を行っていただきました。

今年も個性豊かな方々が揃ったようですね。この皆さんが1年たってどんな風に成長していかれるのか、今からとても楽しみです。

 

受講者様による自己紹介風景

受講者様による自己紹介風景

 

では、何故自己紹介をするのでしょうか?

それは、“私が何者かをお客様にお伝えするため”です。

美容室だからと言って、勝手にお客様に触って良いということではなく、「お客様に触れる権利がある」という事を伝えてから入客すると、「礼儀正しい」と思っていただけるのです。

美容師の中でも「人見知り」という方がいますが、美容師は人の前に出る仕事です。

「人見知り」という前置きは要りません。

「私、人と話すのが好きなので仲良くしてください!」と言うだけで良いのです。

そして、周りに求めるなら、自分もそれにふさわしい行動をしなければいけません。

ですので、

 

約束2 入客するときには、必ず自己紹介をする

 

ということです。

 

今度は、プロとアマチュアの違いについてお話がありました。

プロとは、いつ何時どんな状況にあっても、自分のやるべき事を出来る人。

アマチュアは周りに流されて出来る人。

会社は最後まではフォローしてくれないので、自分で成果を上げ、人生設計を考えていかなければいけません。

皆さんは、まずプロのアシスタントになって、そして、プロのスタイリストになってくださいとのことでした。

これはつまり、お客様にすべき事を会社の理念にそってしっかりやっていくということです。

 

ここで、「価値観の共有」という、セミナーのルールを設定し、「価値観とは?」「共有されているとはどういう状況のことか?」ということについて、グループディスカッションを行っていただき、発表していただきました。

 

「価値観」・・・それぞれのものの捉え方

「共有」・・・日頃の言動が一致すること

 

お店が大事にしていることを、“良い”と思ってやっているか?

会社に属している以上、お店の価値観に合わせることが大事になってきます。

そこで、皆さんに山手線ゲームをしていただき、色んな価値観があることを実感していただきました。

何かを発言してくださいと言った時は、どんどん発言をし。そしてたくさんの意見を出して揃えていきましょう。「それアリやね!」と言える土壌を作っていきましょう!

 

次に、「チャレンジする」というお話がありました。

 

チャレンジしない人は、チャンスが回って来ない人

 

ドキッとする言葉でしたね。

お店はお客様を用意しますが、この子にお客様を預けたいと思う人でなければ、お客様を回せません。仕事にもお客様にも積極的に向き合ってくださいとのことでした。

美容師は人気商売ですから、「あの人にやって欲しい」と思われないと、お客様に選ばれません。人は第一印象で選びます。

 

約束3 「この人良いな」と思われる第一印象の良い人になる。

 

「このセミナーで、良い事、為になる事を聞きたければ、僕から引き出してください。」

庄野さんのこの言葉は、つまり「リアクションを返す」ということでしたね。

お客様にもリアクションしていかなければいけません。これはどういうことかと言うと、

 

約束4 人の目を見て相槌や返事をきっちりする

 

ということです。

そこで、“良い返事”の練習をしていただきました。

少し話は戻りますが、皆さんに自己紹介をしていただいた際、庄野さんが「おお!なるほど!すごい!」というように、相槌や合いの手を入れられていたことに気付かれていましたか?自分の話に興味をもって聞いてくれていると感じて、とても話やすく感じた方もいらっしゃったのではないでしょうか?

良い返事とは、つまりそういうことですね。

教わるだけではなく、態度で示していくと周りも変わっていきますので、是非実践していただけたらと思います。

また、人は「態度」(55%)、「表情」(38%)、「言葉」(7%)で判断されます。

人が一番感じるのは態度です。態度は隠せませんが、意識して変えることは出来ますので、習慣化して良い印象を与えられるようになりましょうということでした。

具体的には、

①美容師として

・価値を創造し、提供する

お客様とのコミュニケーションで良い感じを作り、そこからお客様が求める価値をさぐり、お客様にとって「それ価値あるね」と思えるものを提供する事を仕事とする。

②社会人として

・人の役に立つ

・納期を守る → 守らなければ信頼を失う

③人として

・謙虚

・素直

出来ないことは出来ないと、分からないことは分からないと言う。

 

「あの子だったらお客様と上手くやってくれる」と思った人にお客様は回っていきます。

ですので、

 

約束5 お客様、先輩、仲間に可愛がられる人になる

 

そのためにも、

①自然性 ②自発性 ③チャレンジ をしっかりと意識してください。

何か良いなと思ったことは一つでもやってみてください。

セミナー費用は会社に出してもらっているので、学んだ事を会社で話し、活かすようにしてくださいとのことでした。

 

ここで、チームで向かい合って、40秒間見つめ合っていただき。雰囲気の良かった人のどんな所作が良かったのか、どんな表情が良かったのかを発表していただきました。

そして、それをお客様にやってあげてくださいとのことでした。

 

拍手は話しやすい空気を作ります。頑張って欲しいという思いが伝わります、また、その人に敬意を表しています。

発表する勇気がまだ無い人は、せめては拍手をして話しやすい空気を作ってくださいね。

その時の拍手は、小気味良く、しっかりとお願いします。

そして、態度で周りを引っ張れるようになってくださいとのことでした。

 

そして、庄野さんから、「リーダーは誰か?」という問いかけがありました。

もちろんオーナーや親の言うことも聞かなければいけませんが、決めるのは自分です。

 

自分のリーダーは自分

 

なのです。

 

さらに、自分がやっていることは影響力がある事を意識する。

・自分がされて嫌なことは人にはしない。

・返事をしないのは無視をしているのと一緒

・笑顔で挨拶

というような、当たり前のことを話してくださり、自分のエンジンをかけるのは自分という激励の言葉をいただきました。

 

最後に、今回のセミナーの感想をみなさんからいただき、その高ぶったテンションをお店で出していきましょうということで、今回のセミナーは終了しました。

最初から内容の濃いお話でしたね。

 

尚、今回使用しなかったハサミは次回使用しますので、お手数ですが次回もご持参くださいませ。

 

さて、宿題がしっかり出ましたね!今回の宿題は次の通りです。

≪今回の宿題≫

①今回のセミナーであった事、思った事をお店で発表する。

 サポーターさんは、その時間を作ってあげてください。

 受講者さんも、先輩に甘えるのではなく、先輩が店長やオーナーにお願いしてくれるときには必ず着いていくようにしてください。

 次回、発表してどうだったか、確認されますよ~。

②自己紹介をお客様にしっかり行う。

 お店のルールがあるので、先輩と相談して実施してください。

 毎日、何人に自己紹介出来たか、ノートに記録してください。

 

これから半年かけて「目標設定」~「進捗」を考えていきます。

 

オーナー様へ

今回のセミナーの報告につきまして、1週間から10日で書類をお送りしますので、必ず読んで頂けるようにお願いいたします。