ほなこれアシスタントセミナー(6時間目)午後レポート♪

今回も、諸事情により午後からのアップとなりますが、ご了承くださいませ、、、

 

***********************

 

MASHU 高田奈美さんの2回目の講習です。

奈美さんの講習は5、6名のチームに分かれて、ディスカッションを多用して進められます。

 

まずは、前回からの1ヶ月を振り返り、前回からの変化、出来事を発表していただいたのですが、まだまだセミナーの空気が作れていないということもあり、改めて奈美さんの研修中のルール、本セミナーのテーマを思い出していただきました。

「なぜそんなことをしないといけないのか?」と思う人は、このセミナーを受けない方が良い。本セミナーは訓練であることを意識して受講して欲しい。「良い習慣作り」を癖になるまでやりつづけましょうというお話がありました。

 

さて、この1ヶ月間、自分が出来たこと、出来なかったこと、変わったこと、変わらなかったこと、どんなことがあったかをチーム内でディスカッションしていただきました。

この際、とても感じ良く聞いてくれた人は誰か?というチェックも行いました。

人の話をしっかり聞くということを癖付けるためのチェックです。

セミナーで空気(意識)を作れないのに、お店で出来るわけがないので、自分が意識出来ていないことに意識を向けるようにしていきましょう。自分を表現することが大事です。

サポーターさんも、思っていることがあれば、伝えてあげて欲しいということでした。

 

前回のセミナーで、会社の上司や先輩など、お世話になっている方に感謝メールを送っていただいたのですが、それで感じたことをチームでディスカッションしていただきました。

この際、タイム感を意識して、時間を有意義に使うこと。また、時間を守ることの大切さについて指摘がありました。

 

次に、インフルエンザが流行る季節になってきて、マスクをつけてお店に出ることもあるということを想定して、目だけで笑う練習をしていただきました。

マスクをしている人は、より笑顔をつくらなければいけませんね。

 

今度は、お客様の名前をどれだけ憶えられたかの確認です。

前回と比較し、どれだけ増えたか?どうだったか?をディスカッションしていただきました。

また、この時、チーム内でチームを明るくしてもらうリーダーを決めていただき、選ばれたリーダーには、以後、自分のチームを盛り上げるように頑張っていただきました。

チーム内で、何故そんなに増えたのか?ということを、まとめていただき、努力したこと、工夫したこと、意識したことなどを代表の方に発表していただきました。

今回、全員の方が増えていました(成果です!)が、例えば4人増えたとして、それが頑張っての4人だったのか、4人しか増えなかったのかで違ってきます。

どうやってお客様と関わっていくのかが課題になってきます。

お客様との思い出を思い出しながら大切にしていってください。その人を思ったり、思い出したりすれば、来店いただけるので、今からしっかり準備をして、繁忙期である12月を迎えましょうとのことでした。

 

さて、今度はお客様とスタッフが出会う瞬間について考えていきました。

お客様とスタッフが最初に出会うのは電話です。

ということで、チーム内で、電話から始まって、お客様とスタッフが出会う瞬間を書き出していただきました。

そこにサポーターさんも加わっていただき、足りないところについてアドバイスしていただきました。

リーダーには店長のつもりで盛り上げていくことを意識していただき、サポーターさんに「自分が客だったらどのチームが良さそうか?」を選んでいただいて、アドバイスをいただきました。

無意識のことでお客様の印象が変わるので、いろんな事を意識しなければいけません。

自分で頑張っていると思っていても、周りが思ってくれなければ成果は出ていないということになります。

そして、リーダーには電話から始まる輪をホワイトボードに作成していただきました。

お客様との接点がたくさん出てきました。これを写メで撮っていただき、この中のことをロープレで実践していって欲しいということでした。

サポーターさんからもアドバイスをいただきます。

サポーターさんからもアドバイスをいただきます。

 

ここからは電話と挨拶のロープレに挑戦していただきました。

空気を作る力が足りないのは、挨拶が出来ていないからです。セミナーで挨拶が出来ていないということは、お店でも出来ていないということです。

お客様に気持ちの良い挨拶が出来るためには、スタッフにしっかり挨拶が出来ないといけません。

そこで、出勤して鍵を開けてお店に入るシチュエーション(誰もいないお店に入った時)で実習をしていただきました。

誰もいないお店に入ったときに挨拶するかどうかは個人の自由ですが、するなら中途半端にするのではなく、しっかりするということが大切です。

自分で自分のモチベーションを上げられるようにすることが大切とのことでした。

 

続いて、先輩が先に出勤されていて朝ごはんを食べている、というシチュエーションでの挨拶を実習していただきました。

皆さんには良いところやアドバイスをいただき、「気持ちの良い挨拶」を再度実践していただきました。

“挨拶は短く!!”

ここで、本セミナーのアシスタントをしていただいている、ラ・リヴィエールの黒瀬さんに、見本を見せていただきました。

黒瀬さんは声だけで空気を変えられる人です。

皆さんも、空気を変えるような挨拶をやっていってくださいとのことでした。

 

次に電話の練習をしていただきました。

 

お電話ありがとうございます。

○○店の、

~~でございます。

 

どうしてもお客様には早口に聞こえるので、意識してゆっくり話をするように練習したのですが、皆さん苦戦されていましたね。

何度もやり直しをしていただきましたが、皆さん意欲的に楽しみながら取り組まれていたように思います。

この最初の3行をとっても丁寧に言う事で、お客様にはとても感じ良く伝わります。

感じの良い電話の出方が出来るよう、年末までに訓練していきましょうとのことでした。

 

最後に、サポーターさんに最初の3行を言って、合格をもらいにいっていただきました。

 

次回は最後の2行を訓練します。

最初からテンション上げてやっていきましょうということで、今回の奈美さんのセミナーは終了しました。