いつやるの?今でしょ!!

目に映る言葉、耳にする言葉。

ピンときたらそれはもう翌日ブログのネタになっています。後藤です。

 

昨日の深夜、お風呂上りに見るでもなくテレビを見ていました。

どのチャンネルのなんという番組かはわからないのですが、「プロフェッショナル」と言われる人を紹介したものでした。

途中から見たので、内容もよくわかってはいなかったのですが、聞こえてきたある一言に保湿クリームを塗る手が止まりました。

 

「将来の志の種をまく」

 

取り上げられていたのは、ある塾の講師ではなく「教室担当」というお仕事をなさっている方でした。

その方は、生徒さんたちの目標が何なのかを聞き、その目標を達成する為に最適な講師を当てる。

そして、その目標が達成出来るように成長しているか進捗を確認するのです。

学校でのこと、クラブ活動のことなども含め、生徒全員にヒアリングし、記録し、生徒たちの目標達成のお手伝いを行っているとのこと。

そんな自分のお仕事の事を表現するために使った言葉が、先ほどの「将来の志の種をまく」だったのです。

そして、それが塾の役目だと。

 

テレビなので、現実問題どこまでそれを実行できているのかはわかりませんが、客観的には良い塾だなと思いました。

そして、表現こそ違いますが、その想いは私たちと非常に近いものを感じました。

 

弊社の理念は「みんなの“やる気”と“喜びのお手伝い”」です。

大きく違うところは、対象となる方が「これから大人になっていく人」ではなく「既に大人になった人」です。

そして、単位が個人だけではなく「組織」であること。

組織になると色んな人がいます。

大人なのだから既に出来ていることも多いですが、大人になってしまったから今更変われないということも多いと思います。

その「変われない」を「変わりたい」に変え、「変わった!」と言わせたい!!

それも、ASAP(as soon as possible)で!!