『WE ARE X』 を観て。

油断させてからの、真冬の寒さ。

皆様、お元気でしょうか??

後藤は気持ち悪いくらい元気です!!

 

週末は久しぶりに映画館へ足を運び、「WE ARE X」を鑑賞してきました。

これは、X JAPANのこれまでの軌跡を追ったドキュメンタリー映画です。

日頃、コブクロや馬場俊英さんなどの音楽を聴く私が、X JAPANなんて意外でしょ??

(私の場合、Xと言うよりはhideちゃんに思い入れがあるのですが、、、)

こう見えて(どう見えて?)、ロックは好きなんですよ♪

というか、ジャンルにこだわりがないのです。

 

Xの歴史を辿ると、メンバーの脱退(クビ)、洗脳、解散、死別、etc…

色んな出来事があって、それでも、今なおカリスマとして君臨しており、海外でもブレイクしています。

メンバーの破天荒さに注目がいきがちですが、その裏側には想像できないくらい壮絶な経験や、葛藤があったり。

そうかと思えば、メンバー同士のやり取りはとても暖かかったり。

観終わったあと、なんとなくスッキリした気持ちになりました。

今まであまりそうは思わなかったのですが、初めて凄い人達だなぁって思いました。

共感できることもありましたし、自分自身が「まだいける!」って思えた時間でした。

 

この映画のキャッチコピーは、「挑戦は終わらない」です。

人は挑戦するから、出来なかったことの数が増えるのです。

それこそが「伸びしろ」だと、先日の「売れるサロンへの道」の中で町が申しておりました。

今に満足することなく、常にその先を目指して挑戦しようとするハート。

その強さを、私も持ちたいと思いました。

 

ちなみに、この映画を見るとこんなバッヂがもらえました。

wearex

 

このまっちぃのバッヂの横に付けようかなぁ・・・

machijpeg

ギャップあり過ぎ、、、(;^_^A