「超一流」であるということ。

たった今、出かけていく町から「良いお年を」と言われ、ポカン・・・(@_@)

どうやら、もう今年顔を合わすことはないようでございます、、、(;´∀`)

 

さっきまで事務所に町を含め4名おりまして、3つしかないお菓子をじゃんけんで奪い合うことになったのですが、勝負は一瞬にして決しました。

もはや「持ってる!!」としか言えないような町の負けっぷり!!

絵に描いたような一人負けと、お手本のような崩れ落ち方でした!!

なんか、スッキリしました!!後藤です。( ̄▽ ̄)

 

さて、こないだの週末は京セラドームに桑田佳祐さんのLIVEを観に行ってきました♪

桑田さんやサザンオールスターズのLIVEを観に行くたびに、「超一流」という言葉が頭をよぎります。

「超一流」とはどういうものか?ということをまざまざと見せつけられた想いです。

 

一体何が違うのか??

 

一番は桑田さんご自身の人柄。

日本のミュージックシーンの頂点にいることは誰もが認めるところだと思いますが、とてもサービス精神が旺盛で、びっくりするくらい謙虚でいらっしゃる。

MCの端々からそれをうかがい知ることが出来ますし、なにより投げかけてくれる言葉に「愛」を感じます。

しかも、それがとってもさり気ないんですよね。。。

 

私が「超一流」と感じるポイントはもう一つ、お金のかけ方。

お金を自分たちの為というよりは、お客様の為にお金をかけてくれるのです。

例えば、演出の一部としてお客様全員にLEDライトを貸し出してくれ、制御で勝手に光らせてくれます。

まあ、この程度の事はビッグーアーティストになってくると最近では普通になってきていますね。

例えば、フライヤーを入れる袋には今回のツアータイトルのロゴが入っています。

ファンにとったらそれがうれしいわけです。(持って帰ってもらう狙いもあるんでしょうが)

特攻で飛ばしてくれる銀テープも量もとっても多いんです!!もちろんその銀テにはちゃんとツアータイトルなどが印字されています。

ファンにとったら、これも記念になるので持って帰りたいのです!!(こちらも持って帰ってもらう狙いがあります。)

そして、協賛の三ツ矢サイダーさんからは、お客さん全員に三ツ矢サイダーが一本ずつプレゼントされました!!

しかも、その缶にはサザンオールスターズから来年のツアーを予感させてくれるようなメッセージが描かれているのです!!

サイダーもうれしいけど、何よりもうれしい「楽しみ」をくれました☆彡

これら以外にもファンのことを思っての気遣いが会場の随所に見られるのです。

そこにはミュージシャン側の「お客さんを楽しませたい!喜ばせたい!」という想いがたくさん詰まっているように感じるのです。

生ビールはご愛敬♪

 

 

素人目から見ても、これだけでいろんなところで大きなお金が動いていることは簡単に想像できるんですよね。

先ほど「お金をかけてくれる」と書きましたが、正しくは「お金を動かせる」と言った方が正しいかもしれませんね。

 

つまり、「超一流」というのは、楽曲や演奏のクオリティーのみならず、お客様の為に使える資金がちゃんとあり、さらにはお客様の為に大きなお金を動かせる力があるということだと。

そこには常に「お客様」という存在があるのだなと・・・思った次第です。

 

まあ、これは完全に私の主観ではあるのですが、「どこにお金を使うのか?」「どこに労力を使うのか?」という部分をちゃんと考える事で、お客様にも自分たちにとっても良い仕事が出来るような気がするのです。

 

頂点に君臨し続けるのには、それだけの理由がちゃんとあるんですよね。当たり前ですが・・・。