「脳が気持ち良い」という感覚。

今日は仕事が終わったら、今年一発目のLIVEに行きます♪

それも、私の一番お気に入りのミュージシャン、千綿偉功(チワタヒデノリ)が約2年ぶりに来阪です!!

昨夜は1枚1,000円の保湿パックを使いました。後藤です♪

 

さて、皆さんは「脳が気持ち良い」という感覚をご存知ですか?

私はこの千綿偉功というミュージシャンの唄を聴いた時に、初めてそれを感じました。

その声の一音一音が耳を通って入ってくるたびに、硬くなった脳が解されてぽわ~んとして、何とも言えない幸福感を感じるんです。

そう、例えるなら北斗神拳奥義「北斗有情拳」をトキから喰らったような感じです!!

尚、私自身は「北斗有情拳」は喰らったことはございません。念のため。

 

ちなみに、北斗有情拳とは、拳を喰らった者が、手足が逆の方向に曲がるなどして体を変異させていくが、全く痛みを感じる事はなく、むしろ死ぬ間際に天国のような快感に包まれながら爆死するという、相手に痛みを感じさせず、安らかな死を与える奥義です。

みんなとっても幸せそうな表情を浮かべて爆死していくんですよね。

『北斗の拳』をお読みになったことがある方なら言わずもがなですね(笑)。

なかなか奥深いお話ですので、まだお読みになったことがないというお方は、機会があれば読んでみてくださいね!(^_-)-☆

 

さあ、今夜私は天国のような快感に包まれます♪

皆様の「脳が気持ち良い」と感じる瞬間はどんな時ですか?