「毎月の保険料が高い!」と思った方は、お読みください!

こんにちは!

FP小山です。

今回も保険について書かせていただきます(^^)/

 

「毎月の保険料、高いわぁ・・・」

そういったお声はよく伺います。

私も保険会社に入る前は頻繁に思っていました。

 

そんな時はぜひ・・・

その保険にご加入した時のことを思い出してみてください。

 

「保険料が高い」とおっしゃる方は、もしかしたらその保険にした決め手は「保険料」ではありませんか?

 

保険の本来の考え方は一言であらわすと

「天国からの仕送り」です。

 

すなわち

自分の代わりに、残された大切な人の生活を支えるのが、生命保険の役割です。

 

 

万が一、自分がいなくなってしまったとき、本当は自分が守るべきだった大切な方々に、どんな生活を送ってもらいたいのか。

を想像しましょう。

 

貴方にとって大切な方とは、どなたでしょうか?

パートナーでしょうか?お子さんでしょうか?親御さんでしょうか?

 

その方はもし突然、貴方がいなくなってしまったらどんな生活になるでしょうか?

 

少し想像してみてください。

 

・・・・

奥様とお子さんがいらっしゃる方は、貴方がいなくなってしまっても、生活水準は保てそうでしょうか?

 

例えば奥様がフルタイム働きに出ることになると、お子さんとの時間が減ってしまうかもしれません。

そもそも、フルタイムのお仕事がすぐに見つかるかもわかりません。

 

家計を支える方がいなくなると、生活水準は下がるケースが多いと言われています。

それを補てんしてくれるのが生命保険です。

 

加入する場合はそういった「想い」が大切になってきます。(もちろん保険料も大事ですが)

保険に込めた「想い」がない、もしくは薄かったり、保険料を決め手にしてしまっていると「保険料が高い。」ということで悩んでしまうことになります。

 

毎月の保険料は、保険の設計の仕方次第でかなり幅を利かせることが可能です。

必要になるお金(生活費や養育費、療養費、住宅費など)を先に計算してから、現在の収入と支出に見合った保険料の保険を組むことが大切です。

今の保険の内容が気になった方はお気軽にご相談ください。

 

お問合せ