「感謝の気持ち」を伝えよう!

anuenueの山元です。

今回は『チーム作り」について、お話をさせて頂きたいと思います。

 

美容の仕事を通じて、お客様を綺麗にすること、喜んで頂けること、そして…

『ありがとう』の言葉を頂くこと。

この事は、アシスタント1年目からベテラン美容師まで、全員が体感できること。

ひとりではなく、サロンの中にいるみんなの力で頂ける言葉だと思います。

それぞれの想いがバラバラであったり、勝手な行動をとってしまうと、お客様から「ありがとう」の言葉は、頂けません。

 

なので、スタッフでの『チームワーク』が必要だと日々感じます。

新しい春を迎え、自社も新入社員を迎えました。

新しい仲間が入ると、チームづくりの 難しさや、チームの大切さ をとても感じます。

 

チームになる為に、、、

「さぁ、今日からチームだ!」と言われても、そもそも相手のことを知らずに、「一緒に頑張ろう!!」などと思えるのでしょうか?

「今日からチームだ!」の前に自己開示をしないと、目の前の人は不安のままだと思います。

なので、まずは、自分の事を相手に伝える。そして、その2倍、相手の話を聞く。

それからチームのスタートなのかなと思います。

 

何を伝えるのか…

正解など分かりませんが、お互いがプラスになること、わくわくすること、その人ために応援したいと思えること、など…

夢を話すと距離が縮まると思います。小さな夢でも大切なことです。

何気なく生活していると、夢を語ることはないのかもしれません。

ですが、話す場所をつくると、みんな笑顔になります。

美容室の場であれば、「夢は何?」という問いではなくても、なぜ美容師になったのか、それぞれ、何か理由があると思います。

まずは、アシスタントからスタイリストになる夢を応援する。

そうしたらまた新しい夢は必然と出てきます。

私もそうでした。近くに居るスタッフからよく声をかけてもらいました。

周りの先輩方は自分を知ろうとし、チームの一員として迎えてくださってました。

質問されると、受けた側もまた、相手に興味が出てきます。

そしてチームの中に入りたいと思いました。

そうやって距離が縮まり、チームの一員になっていきました。

 

anuenueでは、理念を元にスタッフみんなで追う夢や目標があります。

個人の夢を追うことも大切です。

ですが、みんなの夢が何かひとつでもあると、人は誰かと頑張ってみたり、人の力になることができます。

 

そんなスタッフから、先日、手紙を頂きました。

それぞれ感謝の気持ちを文字で記し、相手に読み上げて伝えました。

毎日一緒の時間をともにするスタッフからの手紙は、照れる気持ちと喜びしかありません。

その中でまた、チームのみんなに、毎日感謝の気持ちを伝えられているのかを、見直す時間にもなりました。

手紙も大切です。ですが、日々感謝の気持ちを伝えること。それがもっと大切です。

 

新入社員が入社する春は、感謝を伝えることを、先輩たちがもっと意識して、努めていく重要性を感じています。

新入社員は、まだ私たちの当たり前のことが当たり前に感じることができない、赤ちゃんみたいな存在です。

初めてのことばかりなので仕方ありません。

ひとつひとつの行動に感謝を伝えて、店内でスタッフ間に、「ありがとう」が1日中飛び交っていれば、いいチームになるのかなと感じます。

そこから美容師のやりがいのひとつ、お客様からの「ありがとう」が、もっと増えるのでしょうね。(^^)

team