「外貨建ての保険って、よくわからないよ」という方に向けて…

こんにちは!

ファイナンシャルプランナーの小山です。

本日は外貨建ての保険についてお話いたします。

 

外貨建ての保険って?

外貨建ての保険の加入を勧められたことはありますでしょうか?

種類は米ドル建て、ユーロ建て、豪ドル建てなど、様々です。

 

外貨建ての保険を知るきっかけも様々で、

・外資系の保険会社の保険に入っている場合、営業マンからセットで勧められた

・お友達から「外貨建ての保険は円建てよりも割安だからオススメよ」などと紹介された

・「保険料を抑えるには」とネットで検索した結果に出てきた

などが考えられます。

逆に、国内の生命保険会社に入っておられると少し縁遠いかもしれません。

 

で…円と外貨とでは、どう違って、どんなメリットとデメリットがあるの?

といったご質問をいただくことがあります。

 

外貨建ての保険の特徴は

外貨で保険料を算出し、預かった保険料を外貨の利率で運用し、外貨で保険金を支払います。

具体的には下記のような商品が存在します。

 

「10万米ドル(≒1000万円)の終身保険 」

 

この保険はドル建であること以外、普通の終身保険となんら変わりません。

 

しかし、ドルであることで普通の終身保険とどういった違いがあるのでしょうか?

 

〜特徴〜

この保険の保険料は米ドル建の為、支払いも米ドルで支払わなければなりません。

保険金を受け取る時も然りです。

 

ただし、私たちはこの保険料をドルではなく円で支払うことが可能です。(というか円でしか支払えないところが殆どです)

 

円で支払うとなると、必ず向き合わないとならないのは「為替変動」です。

 

この為替変動の話になると、多くの方から「よくわからない」「怖い」と言われ、一気に関心が薄れてしまわれることがあります。

 

為替変動は、私たちの敵にも味方にもなります。

味方にするには「為替リスク」のことを知らねばなりません。

 

為替リスクについては、また次回、詳しくご紹介いたします。

お楽しみに!