「哲学」を哲学する。

空気の質感が完全に「夏」に変わりましたね。

大阪は今日も青空が広がっています♪

そろそろ「梅雨」の意味がわからなくなってきた後藤です。

 

先日、社内で受講したセルフブランディングの研修の中で「人格」という言葉が気になりました。

人格=性格 × 哲学

なんだそうです。

「性格」は生まれ持ったもので、「哲学」は育ってきた環境から経験として学んだこと。

なので、性格は変わらないけど、人格は自分の経験値で変わるというようなお話を聞かせていただき、皆で大きくうなづいておりました。

 

ところで、この中に出てきた「哲学」について。

これについて、私は最近自分なりの解釈を見つけました!!

それは、

生きていく中でぶち当たる抽象的な事柄に対して湧き上がる疑問に対して、自分なりの明確な解釈を見つけていくこと。

なのではないかと。。。

例えば、「”信じる”ってどういうことだろう?」とか、そんな疑問を持たれた事ってないですか?

あれ?ない?(;’∀’)

私はオフタイムにそういうことを考える変な癖というか趣味があるので、よくあるんです!( ̄▽ ̄;)

日頃あたり前に使っている言葉で、意味はふわっとした感じで理解はしているものの、実際のところどういうことなのか、ズバリ答える事ができないようなことですよ。

辞書では教えてくれないことですよ。

「あれってどういう事かな?」って考えていると、点と点が繋がって線になる感覚が時々訪れます!!

自分の過去の体験の記憶から、その時の事象や感情、結果などが頭の中で繋がれていくと、頭上に裸電球が灯るのです!!(^◇^)b

でもね、こういうときって大概が無意識の時なんですよね。ぼ~っとしているとき。

なので、講師の先生からお話を聞いた時、すっと心に落ちてきたのでした。

 

ちなみに、「信じる」ということの私なりの解釈は、

裏切られることを覚悟する事

です!!

 

あの、、、大丈夫ですよ。私、そんなに面倒くさい人間じゃありませんから!!(;´Д`)